深海6500が発見した大西洋の海底は古代アトランティス大陸の痕跡か?アトランティスとムーの文化とは?

今回はロマン溢れるお話です。

日本の海洋研究開発機構はブラジルの研究機関とともに、日本の潜水調査船「しんかい6500」を使い、リオデジャネイロの南東、約1500kmにある海底を調べたところ、約900Mの深さの海底で岩の崖を発見しました。そして映像を持ち帰り分析したところ、陸上でしか生成されない花崗岩だったことがわかったのだそうです。

つまりその場所は昔陸地だったことを証明しており、その大地の大きさ(幅)は約1000km。大陸ほどの広さだというのです。

大西洋には太古の昔「アトランティス大陸」があったという伝説があります。
今回の発見はそのアトランティス大陸の証明になるのではないかと、非常に注目されているというのです。

ただ、アトランティス大陸については古代ギリシャの哲学者プラトンが大陸が沈んだ時期を12000年前としているのに対し、今回見つかった花崗岩は5000万年前とされており年代的にかなりのズレがあります。

5000万年前とはむしろ恐竜時代に合致しているのですが、それでもアトランティス大陸と何らかの関係があるのではないかと言われています。

で、そんなロマンに満ちあふれた今回の発見ですが、そのアトランティス大陸って何なのでしょう?そこに住んでいた人々はどのような人々なのか、気になったので調べてみました。

アトランティスとはプラトンの著書に登場した伝説の大陸で、かつて実際に存在したと言われています。

プラトンがどのようにアトランティスを知ったのかは分かりませんが、恐らくインスピレーションや透視能力のようなものか、はたまた霊的存在からの啓示なのでしょうか??

そのアトランティスに住んでいた人々は高度な文明を持ち、高い軍事力で世界を征服しようとしたが、ゼウス神の怒りに触れて海中に沈んだとされています。

高度な文明という部分で空飛ぶ船や重力変換装置などがあったという話もありますが、ここはどうやら小説に使われた創作話だろうと言われています。
オリハルコンという未知の金属についても話もありますが、こちらもどうやら青銅器という説が根強いです。

またアトランティスはアテナイやエジプトと交流を持っていたと言われています。
そうなると1万2000年前説は怪しくなってしまいますね。

また、アトランティス大陸とよく比較されるのがムー大陸の伝説です。

ムー大陸とは、太平洋にかつて存在したとされる伝説の大陸で、アトランティス大陸と同様、海中に沈んで滅びたとされています。

モアイの石像で知られるイースター島はその名残りだと言われています。

ムー大陸とアトランティス大陸は同時期に存在したこともあり、アトランティス同様ムーの人々もまた高い文明を持っていたとされています。

スピリチュアルな人々の中には、ピラミッドパワーを実生活に役立てて使っていた、という人もいます。

しかし、これもまた実際のところは大半が証明することが出来ておらず、捏造されたものであると言われているようです。

ムー大陸について最初に公にしたフランスの神父シャルル・ブラスールがムーについて解読したとされる「トロノアの古写本」は単なる占星術の本であったこと。
またインドの高憎よりアトランティスについて記された粘土板を見たというジェームス・チャーチワードの話は、粘土板自体が捏造された可能性が高く、虚偽であった可能性が高い、とされています。

これらのように、アトランティス大陸、ムー大陸についてはその存在について否定的な意見が有力のようですね。

私としては、ロマンを感じたい訳ではないですが、「火のないところに煙はたたない」の言葉然り、何かがあったからこそこういう噂が残り続けている、と思いたいところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です