話題のグーグル・グラス(グーグル眼鏡)はまるでスパイ道具!その見え方、日本での発売日や価格は?

インターネットの世界に君臨するグーグル社が開発したグーグル・グラス(グーグル眼鏡)をご存知でしょうか。

見た目は普通の眼鏡ですが、もちろんその眼鏡は普通の眼鏡じゃありません。その眼鏡でインターネットに接続し、自分の視界に重なって様々な情報が目の前に表示されるというのです。(拡張現実(AR)というみたいです)

小型カメラも内蔵されており動画や写真の撮影もできます。ネット端末ですから当然その動画をネットに投稿したり、テレビ電話の相手に見せることもできます。

画期的な商品であるグーグル眼鏡ですが、まだ一般消費者向けの製品はありません。
しかし、テスト用端末が多数のアプリ開発者に渡されていて、その賛否について議論が交わされています。

否定的な意見としては、自動車の運転中の使用を禁止する法案が提出されたり(米ウェストバージニア州)、飲食店では顧客のプライバシー侵害に当たるとして店内の使用を禁止するという話もあるようです。

というのも、グーグル眼鏡は側面をタップして操作するもので、またウィンクするだけで写真撮影する機能を備えているので、相手に悟られずにいとも簡単に写真を撮影し、それをインターネットに投稿できてしまうのです。

発売前から議論を醸し出しているグーグル眼鏡ですが、このような議論がされていること自体、実用化に向けて猛スピードで進んでいるということだと思います。

この気になるグーグル眼鏡、日本市場での発売はいつなのでしょう?その価格は?

現段階では、購入申込が開始された段階です。しかし一般向けではなくモニターという感覚です。

申し込みした上にグーグル・プラスかツイッターで「グーグル眼鏡をどのように使うか」という簡単なアンケートに応募すると抽選で8000人が1500$で購入できる、ということです。

1500$とは1ドル100円換算で15万円ですから安い買い物ではないですね。

そのようなモニターテスト段階ゆえ、日本での発売時期・価格などまったくもって未定ということです。

今は誰もが馴染みのあるスマートフォンも発売時は誰もが違和感を感じました。
画期的な商品であるがゆえに、このような議論を展開することがグーグルの狙いであるようにも思えます。

2~3年後は街中でみんながグーグル眼鏡をつけるのが日常の光景になっているかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です