佐藤寿人が見せたフェアプレー精神に賞賛の声・・・広島GK増田と大宮FW富山の衝突の様子【動画】


佐藤寿人
 

2013年5月6日の大宮ー広島戦、試合は2-1で大宮が勝利しましたが、試合中に起こったアクシデントに対して佐藤寿人がとった行動に賞賛の声が挙がっています。

スポンサードリンク

アクシデントは終了間近の後半39分に起こりました。

 

ゴール前、ボールを追いかけヘディングを狙う大宮FW富山が、飛び出してきた広島GK増田よりも一瞬早くボールに触れ勝ち越しゴールを決めました。

 

問題は富山がボールに触れた直後、お互いの頭が激突して両者とも頭部を強烈に地面に打ちつけてしまったのです。

 

両者ともしばらく起き上がれない状態が続き、富山は数分後に担架で運び出されましたが、増田は動かすこともできず救急車が呼ばれる事態になりました。

 

広島GK増田と大宮FW富山の衝突

 

この時、観客席からは「増田コール」が起こり始め、それは広島だけでなく大宮の観客席に広がっていきました。

 

この増田コールに広島FW佐藤が音頭をとり広島イレブンが大宮の観客席に感謝の意を示しました。
(この一連の動画はコチラ

 

さらに佐藤は増田の側にずっと付いていた大宮FWノヴァコヴィッチとユニホームを交換し、お互いのフェアプレー精神を称え合いました。

 

広島イレブンが大宮サポーターに挨拶

 

この感動的な行為を知ったサッカーフェンからはTwitter上などで「感動した」などと多くの賞賛の声が挙がっているのです。

 

この試合を観戦していた、なでしこジャパンのDF岩清水も同じくTwitterでこうコメントしています。

 

「何度か涙を堪えました。スポーツって素晴らしい」

 

気になる両選手の怪我の状況ですが、増田選手が一時脳震盪により記憶障害が出ていたものの検査の結果異常は見られず、順調に回復しているようです。

 

 

人が頑張るところにはドラマがある。

 

スポーツってこういう感動があるから、やめられないですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です