tokudane

とくダネで放送事故!?一瞬聞こえた怒号と裏で起こっていた事とは?

tokudane

毎日の目覚めを気持ちよく迎えてくれる、朝のフジテレビ系情報番組の定番「とくダネ!」で放送事故とも思える音声が全国に流れてしまった!
海外Amazonを利用するならまずはペイオニアの口座開設を

スポンサードリンク


問題となったのは2013年11月14日9時すぎのこと。

天気予報が終わりスタジオに画面が切り替わった途端にどこからか「ちゃんと言えよ!」という声をマイクが拾ってしまったのだ!

ネットでは観ていた人が即座に反応し、
「怒号が聞こえましたよ」
「入っちゃいけない音声キター!」
など次々を書き込まれ、一時騒然となったほど。

スタッフの誰かが言ったのをマイクが拾ってしまったのでしょうが。気になるのは本番中に裏で何が起こっていたのか、ということ。
恐らくスタッフ同志や出演者とスタッフの連携がうまくいかず、イライラしたどちらかがつい怒鳴ってしまったのでしょうね。
それを運悪くマイクが拾ってしまった。
考えてみるとどこの会社にでもある、なんてことのない日常的な光景ですが、朝の顔ともいえる情報番組で流れたものを、恰好の話題とばかりに拾われてしまったのでしょうね。

スキあらば足をすくわれる。。。

影響力のある人の発言もそうですが最近のメディアでの表現について、観ている側がもう少し考える必要がありそうですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です